防犯再度ガラス

 

自動車のガラスには、さまざまな種類があります。
それらのガラスが、運転の安全性、快適性、環境対応などに貢献しているのです。
たとえば、フロントガラスには、合わせガラスが採用されています。
2枚のガラスを特殊な樹脂膜で接着して合わせたものです。
その合わせガラスの一種で、特殊な樹脂膜を使って車内の静粛性を高めたのが遮音ガラスです。
通常のガラスに比べて強い曲げ強度があり、割れると細かい粒に砕けてしまうことによって、大きな傷を受けることを防ぐのが強化ガラスです。
これらのガラスの良い部分を総合したものもあります。
セキュリティーを向上させ、車内環境をより快適にする防犯再度ガラスがそうです。
PVB中間膜を2枚のガラスに挟んだ構造になっています。
これは、合わせガラスの形をとっていて、飛散防止に有効ですので、防犯対策に優れているという特徴があります。
また、遮音性が高いですので、運転に集中しながらも、お気に入りの音楽に耳を傾けることができます。
さらに、UV効果もありますので、紫外線を防止できます。
盗難対策にもなり、また心地よい空間を創出するガラスですので、運転の安全性と快適性を提供してくれるすぐれものです。
車は日進月歩の発展を示しています。

 

コメントは受け付けていません。