‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

干渉物トラブル

2015/03/09

干渉物の種類というのは様々なものがあります。動かないものや、動いているものが存在します。そのために、避け方というのも異なってくるのです。運転の際には、なるべく遠くも見るようにして、どのような障害となるものがあるのか確認する必要があります。早くからわかっていれば、避けられる確率も高くなるのです。道路上の工事というのは、よく遭遇するものです。このような場所には、動かない障害物が多く存在をしています。また、動く障害物としては、工事に使われるトラックなどです。人が突然出てくる場合も十分考えられるので注意が必要です。
路上に駐車している車や、バス停に止まっているバスなども気をつける必要があります。ドアが開く恐れがありますし、突然動きだす可能性があります。早くから障害物を発見できていれば、行動しやすいものです。障害物の横を通過する際には、平行になるように避けることがポイントです。また、戻るときにも滑らかに戻ることです。安全な間隔をあけて通過をするようにします。しかし、あまりはみ出し過ぎてもいけません。また、危険予測というのも非常に大切なことです。万が一のことを考えて運転をしていれば、危険を回避することもできるのです。

飛び石トラブル 

2015/03/09

飛び石が原因で、ヘッドライト・バンパー・フロントガラス等に傷を付けることや、場合によってはフロントガラスを大破することにもなります。
フロントガラスの傷は、走行中の安全に関わりますから交換が望ましいですが、交換費用がない場合はウィンドリペアの必要があります。
ウィンドリペアとは、ガラスに出来た割れを光学用樹脂で補修する事で、ガラス交換に比べリーズナブルで、作業時間も1時間ほどで、作業終了後は直ぐ車に乗って帰れます。
小さい傷なら、カー用品店で補修キットを買って直すことも可能です。
専門業者によるウィンドリペアでは、ガラス本来の性能に戻すことは出来ませんが、通常走行には支障の無い程度、車検に通る程度にはなります。
ただし、ウィンドリペアはあくまでも応急処置のため、修復箇所から再度ヒビ割れが起こることがあります。このような場合は、技術上・安全上、もう一度同じ箇所を修復することは不可能なのでガラス交換となります。
ウィンドリペアには修復可能な限度があり、目安としては500円硬貨より小さいこと・ガラス表面がえぐれていないこと・ワイパーの拭き取り範囲でないこと等があります。
フロントガラスの修理代は、加害者が分っているなら倍賞請求が出来ますが、一般的には加害者を特定することは困難で、自費で修理せざるを得ません。
しかし、車両保険に入っていれば、保険で修理・交換をすることができます。保険を使うかどうかは任意で、保険を使った際は翌年の等級がダウンするので保険料はアップします(保険契約によっては等級に影響しないこともあります)。

自動車ガラスのトラブル事例

2015/03/09

自動車ガラスのトラブルには、キズと汚れがあります。特にガラスのキズは、小さなキズでも、気温の変化、走行時の風圧や振動でどんどん大きくなり大変危険です。事故につながる前に、早急にディーラーや整備工場に持ち込んで、修理しましょう。テクスチャー17
キズの原因の一つは飛び石です。車の保管・駐車は砂利や小石が飛来しない場所が望ましいです。また、走行中に飛び石の飛来を受けないためにも、大型トラックやダンプカーのすぐ後ろを走行することは、できるだけ避けましょう。
ワイパーもガラスにキズをつける可能性があります。ワイパーに砂やホコリが付いている場合や、ガラス表面に異物が付いているときに、ワイパーを作動させると、キズがつきます。ワイパーゴムなどの付着物には注意しましょう。
ダッシュボード上の小物も、振動によって窓にキズをつける可能性があります。ダッシュボードの上には物を置かないようにし、やむを得ずおく場合は、窓に触れないように、しっかり固定しましょう。
窓の開閉の際にもキズがつきます。ベルトモールにたまった砂をこまめに掃除しましょう。
ガラスの汚れには、油膜と水垢があります。油膜は、排気ガスや雨に含まれる化学物質、カー用品のシリコンや油分などが原因です。専用のシャンプーできれいに落とせますが、その際、シャンプーの成分を残さないことが重要です。水垢の原因は、まさに水なので、洗車時にきれいにふきとることが肝心です。

防犯再度ガラス

2015/03/09

 

自動車のガラスには、さまざまな種類があります。
それらのガラスが、運転の安全性、快適性、環境対応などに貢献しているのです。
たとえば、フロントガラスには、合わせガラスが採用されています。
2枚のガラスを特殊な樹脂膜で接着して合わせたものです。
その合わせガラスの一種で、特殊な樹脂膜を使って車内の静粛性を高めたのが遮音ガラスです。
通常のガラスに比べて強い曲げ強度があり、割れると細かい粒に砕けてしまうことによって、大きな傷を受けることを防ぐのが強化ガラスです。
これらのガラスの良い部分を総合したものもあります。
セキュリティーを向上させ、車内環境をより快適にする防犯再度ガラスがそうです。
PVB中間膜を2枚のガラスに挟んだ構造になっています。
これは、合わせガラスの形をとっていて、飛散防止に有効ですので、防犯対策に優れているという特徴があります。
また、遮音性が高いですので、運転に集中しながらも、お気に入りの音楽に耳を傾けることができます。
さらに、UV効果もありますので、紫外線を防止できます。
盗難対策にもなり、また心地よい空間を創出するガラスですので、運転の安全性と快適性を提供してくれるすぐれものです。
車は日進月歩の発展を示しています。

 

遮音ガラス

2015/03/09

人は多くの時間を自動車内で過ごします。騒音というのは人を不快にさせるものです。また、音楽を聴く際や、会話をする際にも、騒音というのは邪魔なものです。ガラスを伝って侵入をする音というのは多くあります。ロード音や、風切り音、雨の音などです。テクスチャー16また高速道路を利用すると、通常よりも騒音が大きくなる傾向があります。そこで、遮音ガラスを使用した車というのは、注目されています。このガラスの特徴は、中間膜に遮音効果のあるものを使っています。通常の中間膜と同じ機能を持っていて、そして遮音性の高いものなのです。この遮音中間膜は、人間が最も聞き取りやすい音を遮音します。走行中に騒音の元となりやすい風切り音の周波数と同じ音域を、遮断することが可能なのです。そして、このガラスの特徴はもうひとつあります。それは、振動を抑える効果があります。エンジンというのは、細かな振動を発生させています。この振動を抑えることによって、ガラスから伝わる音を遮断するのです。このように、このガラスには多くの利点があります。車の静寂性を向上すれば、運転にも集中することができます。このガラスは、自動車のフロントガラスやドアガラスに用いられています。

プライバシーガラス 

2015/03/09

プライバシーガラスの特徴には、車内の様子が見られないようにプライバシーを守る・荷物の盗難防止・日焼け防止・断熱効果・エアコンの冷却効果などがあります。テクスチャー15
最近では新車時から標準装備されていることもありますが、透明ガラスにスモークフィルム(合成樹脂フィルム)を貼って代用している方も多くいます。
スモークフィルムには、ガラスの飛散防止を高める働きもあります。
スモークフィルム張りを専門に扱うショップもありますが、カー用品店でスモークフィルムを買って、寸法を測り自作する楽しみもありますが、ネットでは車種別に初めから裁断されたスモークフィルムが安価で入手できるので、それを買って貼ることも可能です。
スモークフィルムの張り方は、まず窓の汚れを取り、ガラスに石鹸水を吹き付け、サイズカットしたフィルムをガラスに貼り、ゴムヘラで中心部から空気を抜くように貼り付けるだけです。
スモークフィルムで気を付けることが2つあります。1つ目はフロントウィンドウ・フロントサイドウィンドウへの使用は禁止されています。
2つ目は、スモークフィルムの透過率が70%以上であることです。
スモークフィルムが透過率が70%以上あっても、標準装備されているスモークの上に貼り付けると透過率が下がり、車検に通らなかったり、警察に捕まるので注意が必要です。

UVカットガラス

2015/03/09

 

通常自動車のガラスは自動車購入時にメーカーのオプション等で設定しない限りただの強化ガラスで出来ています。
ですので肌を露出していると車内でもガラスを通して紫外線を受け続けます。
女性は勿論お子様や肌の弱い方はドライブ中でも夏場などは車内にいるだけでヒヤヒヤして過ごさなければなりません。
夏場でもいつでも車の中では快適に過ごしたいのに紫外線を気にしてイチイチ長袖を着たり手袋をはめたり日焼け止め等を塗るのは嫌な物です。
そこで活躍するのは元々ガラスにUV機能の付いているUVカットガラス。
このガラスの特徴は上記に有りますように通常のガラスでは阻止できない紫外線等をカットしてくれます。
運転中に袖の長い手袋をはめたり、暑いのに車内で長袖で過ごしたりしなくても良くなります。
基本的に自動車のフロントガラス、運転席のガラス、助手席のガラス、この三面はガラスに着色してあり中が確認できないと車検が通らず、警察にも整備不良で取り締まりを受けてしまいます。
取り締まり等を受ける大半がUVカットフィルムです。
フィルムですと着色してある物が多く車検の時に剥がしたり取り締まりを受けたりと罰せられたりその時々に料金が発生する事が多いです。
ですがガラスであればフィルムとは違い、無色透明に近く、勿論車検適用範囲に設定されていますので車検の時にイチイチ取り替えたりする必要もありません。これも大きな特徴の一つです。
これからはUVカットが主流になる時代が来るかもしれませんね。

 

赤外線カットガラス

2015/03/09

赤外線をカットするガラスが注目を集めています。
これは、ガラスを透過する赤外線や近赤外線を低減し、夏のジリジリ感のある陽射しによる暑さを低減させるガラスのことなのです。テクスチャー14
夏の車は、外から入ってくる熱量たるや、相当なものがあります。
太陽に照らされて、車の中は70度を超えるような想像を絶した環境となります。
日光の輻射熱で室温が上がってしまうのですが、それを低減させることができれば、エアコンの稼働率が下がって、つまり燃費もよくなるわけです。
赤外線カットガラスの特徴は、熱さの原因である赤外線をカットするところにあります。
しかも、スモークガラスではなく、クリアガラスでそれを実現している点が評価に値します。
また、紫外線も99%カットします。
一般的に、フロントウインドウは合わせガラスを使用していますので、UVカット率99%は珍しくはありませんが、ドアガラスは強化ガラスですから、UVカット90%が精一杯というのが現実でした。
その壁を乗り切ったのがこの製品なのです。
目下、日焼けを気にする女性からとりわけ人気を呼んでいます。
ただし、このドアガラスは、現在はライン生産での装着となっていますので、すでにある既存のガラスを置き換えることができないのが残念です。

自動車ガラスの種類

2014/11/14

 

自動車ガラスには、外の世界が歪みなく見えること、飛び石などの飛来物などからの保護、万一事故が起こったときにドライバーを怪我から守る、といったことが要求されており、安全性と快適性を考えた工夫がされています。そして、その種類には「合わせガラス」と「強化ガラス」があります。
合わせガラスは、ガラスとガラスの間に柔軟で強靭なフィルムを挟んで加熱接着したもので、主にフロントガラスに使用されています。合わせガラスは、走行中の前方からの飛来物が貫通しにくく、また破損したときにもガラスがバラバラにならずに視界が確保されます。さらにフィルムによって、事故の際に車外への飛び出しを防止するように設計されています。
強化ガラスは、ガラスを700℃近くまで加熱し、空気で急冷することにより、表面に圧縮応力層を形成したもので、サイドガラスやリヤガラスに使用されています。強化ガラスは、同じ厚さのガラスの数倍の衝撃抵抗があり、急激な温度変化にも強く170℃くらいまで耐えられます。また、割れたときには破片が粒状になる安全ガラスです。
現在では、これら2種類のガラスに、さらなる機能が付加された高機能ガラスもあり、主なものは、断熱ガラスで、赤外線や紫外線をカットし、ジリジリした暑さや日焼けからドライバーを守ります。