飛び石トラブル 

飛び石が原因で、ヘッドライト・バンパー・フロントガラス等に傷を付けることや、場合によってはフロントガラスを大破することにもなります。
フロントガラスの傷は、走行中の安全に関わりますから交換が望ましいですが、交換費用がない場合はウィンドリペアの必要があります。
ウィンドリペアとは、ガラスに出来た割れを光学用樹脂で補修する事で、ガラス交換に比べリーズナブルで、作業時間も1時間ほどで、作業終了後は直ぐ車に乗って帰れます。
小さい傷なら、カー用品店で補修キットを買って直すことも可能です。
専門業者によるウィンドリペアでは、ガラス本来の性能に戻すことは出来ませんが、通常走行には支障の無い程度、車検に通る程度にはなります。
ただし、ウィンドリペアはあくまでも応急処置のため、修復箇所から再度ヒビ割れが起こることがあります。このような場合は、技術上・安全上、もう一度同じ箇所を修復することは不可能なのでガラス交換となります。
ウィンドリペアには修復可能な限度があり、目安としては500円硬貨より小さいこと・ガラス表面がえぐれていないこと・ワイパーの拭き取り範囲でないこと等があります。
フロントガラスの修理代は、加害者が分っているなら倍賞請求が出来ますが、一般的には加害者を特定することは困難で、自費で修理せざるを得ません。
しかし、車両保険に入っていれば、保険で修理・交換をすることができます。保険を使うかどうかは任意で、保険を使った際は翌年の等級がダウンするので保険料はアップします(保険契約によっては等級に影響しないこともあります)。

コメントは受け付けていません。