UVカットガラス

 

通常自動車のガラスは自動車購入時にメーカーのオプション等で設定しない限りただの強化ガラスで出来ています。
ですので肌を露出していると車内でもガラスを通して紫外線を受け続けます。
女性は勿論お子様や肌の弱い方はドライブ中でも夏場などは車内にいるだけでヒヤヒヤして過ごさなければなりません。
夏場でもいつでも車の中では快適に過ごしたいのに紫外線を気にしてイチイチ長袖を着たり手袋をはめたり日焼け止め等を塗るのは嫌な物です。
そこで活躍するのは元々ガラスにUV機能の付いているUVカットガラス。
このガラスの特徴は上記に有りますように通常のガラスでは阻止できない紫外線等をカットしてくれます。
運転中に袖の長い手袋をはめたり、暑いのに車内で長袖で過ごしたりしなくても良くなります。
基本的に自動車のフロントガラス、運転席のガラス、助手席のガラス、この三面はガラスに着色してあり中が確認できないと車検が通らず、警察にも整備不良で取り締まりを受けてしまいます。
取り締まり等を受ける大半がUVカットフィルムです。
フィルムですと着色してある物が多く車検の時に剥がしたり取り締まりを受けたりと罰せられたりその時々に料金が発生する事が多いです。
ですがガラスであればフィルムとは違い、無色透明に近く、勿論車検適用範囲に設定されていますので車検の時にイチイチ取り替えたりする必要もありません。これも大きな特徴の一つです。
これからはUVカットが主流になる時代が来るかもしれませんね。

 

コメントは受け付けていません。